...
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 体験レッスン | main | 寄り添う、ということ >>
私と彼女と石けんと
​春になり、ゴールデンウィークも終わり。

​石けん繋がりのかなり親しい友人を病気で亡くし塞ぎ気味でしたが

​ようやく気持ちが落ち着いてきて、石けんと共に始動。

彼女から引き継いだ石けん道具一式、手を付けられず放置、でしたが

​彼女のものか、自分のものかわからない位、混ぜ込む選択をしました。



1日に2つとか、同時に2つとか、あまりしない私ですが

今日は、真逆の石けんを同時に作りました。

​亡くなる数時間前にも私は彼女と会話していて、その時言っていた馬油の石けん

うちのレッスンでも作っていたのでそのことかと思っていたら

​引き継いだ石けん道具の中に、オイルミックス。馬油入り。

​これのことか、と、彼女が作りたくて買った時期なども含めて理解。

​レシピをざっと見、使用感と足の速さを読み、香りはナシで、響くデザインに。

石けんにして彼女の家族に届けます。

​もうひとつは、真逆の使用感。メンズライクな香りと夏仕様でレシピを作成。



​久々の頭と体の回転を感じながらの石けん時間。

道具整理の中で、ビーカーの多さに気付き・・

やや、元々理化学用品好きですけどね、ガラスも好きですけどね

(いつの間にか多すぎだろ、とはあえて言わない・・w)

​ガラス好きだからね〜、なんて言い訳を一人ぶつぶつ言いながらでしたが



​あぁぁ・・いつの間にかプラ製ビーカーもこんなことに

​(いつの間にか多すぎ、とはあえて言わないで・・w)

​ディスプレイという名の石けん棚になってましたが

​意気揚々、石けん基地も拡大・披露していこうかなっ。

小道具はないけど、こういう理化学用品は無駄に多い(買っちゃってた)

​ということに気付いた今日でした。ブログupも頑張ってまいりまーすw
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
COMMENT









Trackback URL
http://www.p-naturelle.com/trackback/628
TRACKBACK
AUTHOR